[PR] アスクル 宝塚・花組 | なんだ…ただの戯言か
いろいろ…載せるとおもいます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
アデューマルセイユ・ラブシンフォニー
忘れないうちに、一回目の感想をのせたいと思いまっつ。
以下ネタばれ

続きを読む >>
宝塚・花組 | comments(0)
舞姫 豊太郎と相沢
あー時間がたちすぎたー。。
記憶が・・薄れ。。。
まずは 復習で、あらすじなんぞ。↓


明治の日本文学の第一人者、森鷗外の代表作「舞姫」のミュージカル化。愛する女性と祖国との板ばさみの中、悲劇へと向かっていく主人公の心の葛藤を描く。
 日本が近代国家建設に向け、西洋の大国に懸命に追いつこうとしていた明治の時代。武家の長男として生まれ、幼い頃から厳しく育てられてきた太田豊太郎は、周りの期待を一身に浴びエリート官僚としてベルリンに留学することとなる。
 初めて触れるヨーロッパの空気は豊太郎に“自由と美”の精神を目覚めさせ、彼の中の“眠れる獅子”を呼び起こす。しかし、そんな彼の言動は、狭い日本人社会の反発を買い、豊太郎は次第に孤独感を募らせていく。ある日、私費留学生としてベルリンに滞在していた原芳次郎という画家に出会った豊太郎は、日本という狭い世界にとらわれず、己の芸術を追う芳次郎の生き方に憧憬を覚える。 
 そして、そんな豊太郎に運命の出会いが訪れる。街角で泣きじゃくる金髪の美しい少女エリス・・・。彼女はヴィクトリア座の踊り子で、父を亡くし金銭的に困っていたが、豊太郎によって窮地を救われる。豊太郎の優しさに心動かされ、次第に彼を慕うようになるエリス。そして、豊太郎も今まで知らなかった熱い激しい想いが、自分を変えていくのを感じる。
 しかし、そんな二人の交際の噂が人々の中傷の的となり、豊太郎は免職処分となって国からの援助を断ち切られる。そして、日本にいる母の死の知らせが・・。全てを失った豊太郎に救いの手を差し伸べたのは、旧友の相沢謙吉であった。相沢の紹介で新聞社の仕事を始めた豊太郎は、エリスの家に移り住み、新しい生活を始める。数ヶ月が過ぎ、エリスが妊娠したことが分かるが、二人は、不安定な生活の中で、将来への一抹の不安を隠しきれなかった。才能ある優秀な豊太郎が、このような経緯で官職を失い、将来の展望もないまま異国で一人いることを案じた相沢は、彼に大臣の天方伯爵を引き合わせる。豊太郎の才能を高く買った天方伯爵は、彼を日本に連れて帰ることを提案する。日本への郷愁と祖国への使命感に、心が揺れ動く豊太郎。それでも豊太郎がエリスと別れることはできないと考えた相沢は、エリスに全ての事情を話し、手切れ金を渡そうとする。そして、相沢のこの友情が、二人を取り返しのつかない悲劇の淵へと追い詰めることとなるのであった。


とまぁ こんな話だったなぁ。(コラ)
舞姫って たしか高校の授業でやったなー。って思って 見に行く前に読んどいたんです。
で、相沢って めっちゃ嫌なやつだ。と断定していたら。


どっこい



良い人




ぢゃ ないですか!



植田景子センセの考えた 相沢はこんな人間らしい人だったのか。それとも、相沢@まっつ がいい人だからor役作りなのか。。。

相沢が豊(豊太郎)のこと


 大好き   


なんですよ!


豊は エリスにぞっこんなのに。。。
相沢 せつないな〜なんて思いながら、観てしまいました。スミマセン(汗

宝塚・花組 | comments(0)
1/1



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -日々徒然-





    宝塚関連サイト様 リンクフリーでございます
    このBlogを登録 by BlogPeople

    クリックしていただけたら 励みになります
    web拍手を送る

    -クリック系-
    アンケート
    宝塚でご贔屓がいる組
    花組
    月組
    雪組
    星組
    宙組
    OG







    -主張-


    -リンクなど・・・-


    ディズニー系ブログさん




    素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea